YouTube動画に最適な声・BGM・効果音のバランスは?

前回の「Premiere ProでYouTube動画を編集する方法【初心者向け解説】」という記事の動画にこのようなコメントをいただきました。

というわけでリクエストにお答えして、今回の記事ではYouTube動画を作る際の音量バランスについて書いていきます。

この記事を読むとYouTube動画の最適な音量バランスがわかります。

 

素材ごとの音量バランス

大体の動画編集ソフトにはピークメーターがついていると思います。
それを見ながら以下のように調整してください。

  • 声…0~-5db
  • BGM…-25~-30db
  • 効果音…-10~-15db

BGMだけを聞かせたい場合は-10~-15dbがおすすめです。

ただし、必ず音が割れないように気をつけてください。

声の音量

声に関しては入力レベルに余裕がある状態で録音されている場合が多いので、0~5dbに満たない場合が多いと思います。

そういう場合はノーマライズをしましょう。
ノーマライズは音量を全体的に底上げする処理のことです。

必要であればコンプレッサーもかけます。
コンプレッサーをかけることによって音量を平均化することができます。
ただしかけすぎると不自然になってしまうので、そこまでガッツリかけなくても大丈夫です。

BGM・効果音の音量

BGMや効果音はこのように音がみっちり詰まっている場合がほとんどなので、基本的にノーマライズやコンプレッサーは必要ありません。

音量バランスで損してませんか?

BGMが大きくて何を言っているかわからない動画や、他の動画に比べてやたら音量の小さい動画を見たことはありませんか?

私ならそのような動画に出会ったらすぐにブラウザバックしてしまいます。

たとえどんなに面白い内容でも、音量バランスのミスで見られないのはもったいないですよね。

でもこの記事を読んだみなさんならもう大丈夫です。

以上、YouTube動画に最適な声・BGM・効果音のバランスは?でした。

最新情報をチェックしよう!